面倒くさい男にならないで!キャバ嬢へのLINEの返信方法

面倒くさい男にならないで!キャバ嬢へのLINEの返信方法

キャバ嬢へのLINEの返信、どう返すのがベスト?

キャバ嬢とLINEやメールアドレスを交換することもあるかもしれません。
キャバクラで遊びなれてない方にとっては、キャバ嬢とのメッセージのやりとりをどうすれば良いのか迷う方も多いです。
友達でも、好きな女性でも仕事相手でもない。キャバ嬢とお客さんという関係性は特殊で難しいものに感じてしまいますよね。
では、キャバ嬢はどんなメッセージのやりとりがいちばん居心地よく感じられるのか。そのポイントについてご紹介していきます。

キャバ嬢の負担にならないよう紳士的に返事をするのが基本

どんなに仲が良い人だったとしても、長々としたLINEのやりとりは面倒に感じられてしまいますので、キャバ嬢の負担にならないよう、短めのメッセージにしましょう。
また、キャバ嬢が困るような要求をしてしまわないことも鉄則です。例えば、まだ付き合いも浅いのに「今度アフターに行こうよ」「店外で会わない?」としつこく聞くようなメッセージです。
まだ信頼関係もできてないお客さんと店外デートに行くキャバ嬢はいません。ですので、初めからキャバ嬢に無理な要求や長々としたLINEのやりとりはせずに、少しずつ仲良くなっていくことを意識しましょう。

遊びの誘いはしない

例えば、前述通り初めから店外デートのお誘いをすることはNGです。同伴ならまだしも、アフターやお店が絡まない遊びならなおのことです。
1度聞くくらいなら、キャバ嬢も「ごめんなさい、その日は予定が・・・」と断りやすいでしょう。
お誘いをOKするかどうかはキャバ嬢がそのお客さんをどれだけ信頼しているかがカギになってくるので、平たく言ってしまえばキャバ嬢の気分次第な部分でもあります。
「じゃあ来週なら行ける?」としつこくキャバ嬢の予定を聞いたり、遊びに誘おうとする行為はどんどんキャバ嬢に嫌われていく原因になってしまいます。
男は引き際も大切。無理に誘おうとはせず、まずはお店に行ったりすることでキャバ嬢と信頼関係を築くところから始めましょう。

長いやりとりはキャバ嬢にとって負担

長々としたやりとりも嫌われる原因になってしまいます。
お店に来てくれるわけでもなく、長々と雑談のようなLINEのやりとりをすることはキャバ嬢から見ると負担でしかありません。女性は長い雑談LINEが好き、それはあくまでプライベートの友達や彼氏に限っての話です。
さらに、「今何々してるよ」「今日は何々したよ」と、自分の近況報告のみを送ってしまった場合。
キャバ嬢からするとどう返して良いかもわからず、やりとりが長くて面倒な上返信についても困らせる形になってしまいます。
LINEのやりとりは2〜3往復くらいでサクッと終わらせて、次にメッセージを送る時はお店に行く時、という風に意識してみてください。
そうすることで、キャバ嬢の方も負担なくあなたのメッセージとのやりとりを楽しむことができますよ。あくまでLINEやメールは「連絡手段」です!実際にお店で会う時間を大切にしてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!