こんな振る舞いはNG!キャバクラで嫌われる客についてよく知ろう

こんな振る舞いはNG!キャバクラで嫌われる客についてよく知ろう

「痛客」と呼ばれるキャバクラの嫌われる客

どこの業界にも招かれざる客はいると言いますが、それはキャバクラ業界も同じ話なんですよね。
キャバクラ業界では、キャストやスタッフから嫌われる客のことを「痛いお客さん」、通称「痛客」と呼んでいます。
飲食店などで言うクレーマーとか、そういう位置づけですね。
キャバクラの店長をしていたとき、自分のお店にも自分では知らず知らずのうちに痛客になってしまっている、そんな方が実際に数多くいらっしゃいました。
では、実際どのような人を「痛客」と呼ぶのでしょうか?
キャバクラで遊ぶ前に、自分がキャバ嬢に嫌われる痛客になってしまわないように、その特徴について知っておきましょう。

初来店なのに店外で会いたがる客

同伴やアフターなど、キャバクラではキャストとお客さんが店外デートに行けるシステムもあります。
この店外デートはキャバクラのサービスの一環ではなく、キャストとお客さんの信頼関係の上で成り立っている制度です。
ですが、そのことを知らずに初来店なのに気に入ったキャストに「この後アフターしようよ」と言ってくるのは痛客です!
アフターはお客さんとキャストの二人きりになるので、お店としても、キャストには十分注意した上でアフターに行くように言っています。初対面の男性とデートに行きたいと思う女性がいると思いますか?
答えは「いない」です!
店外デートは何度もお店に通って、お店ともキャストとも仲良くなった常連さんになって初めてOKしてもらえるものなので、初来店でいきなり店外デートに誘うのはNGです。

上から目線の客

キャバクラに行こうと思っている男性の方々、キャストのことをどこか見下してはいませんか?
何年もキャバ嬢たちの裏側を見てきた自分としてはそれは大きな間違いで、キャストたちは自分の仕事に自信を持って、毎日ストイックに活躍している子がとても多いんです。
特に年配のお客さんに限って、キャストに対して上から目線で説教くさく長話をする方がいます。
もちろんキャストたちはそうしたお客さんに対してもニコニコと笑顔で対応しますが、それは仕事だからしているだけです。
それはボーイに対しても同じことで、お気に入りのキャストに対しては優しく紳士的な態度を取りつつ、ボーイに対しては横柄な態度を取るお客さんもいます。
人によって態度をあからさまに変える、そうしたお客さんはキャストからもしっかり見られていますよ。

話が全く弾まない客

キャストは席での話を盛り上げるためにトークスキルを磨いています。ですが、どんなに話術に優れているキャストだったとしても、会話に全く参加してこない、会話を続けようとしないお客さんとの話を盛り上げることはできません。
以前、自分の店のキャストがこんなことを言っていました。
「あの痛客、私のことを気に入ってくれてるのか毎回指名してくれるのに、クールぶっていつも会話に乗ってくれないんですよね。大してかっこよくないのに、面倒くさいだけ!」
・・・と、その痛客の愚痴を聞くことになったのですが、つまりそういうことです。
緊張してうまく会話ができないだけならまだしも、キャバクラにキャストとおしゃべりをしに来たのにも関わらず、クールな自分を気取って全く会話に参加しようとしないのはれっきとした痛客ですね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!