キャバクラ遊びがバレない方法!彼女・嫁にバレずに遊ぶには?

キャバクラ遊びがバレない方法!彼女・嫁にバレずに遊ぶには?

キャバクラで嫁や彼女にバレないで遊ぶには?

「彼氏・旦那がキャバクラで遊んでもOK?」

世の女性にアンケートを取ってみました。すると結果はこうです。
OK:8%
NG:64%
場合による:28%

やっぱり自分という存在がいるのにキャバクラに行くということを許せないと思う女性は多いようです。
「場合による」という選択肢を作ったとしても「NG」が過半数でした。
僕は未婚ですし、今まで接してきた女性の8割方がキャバ嬢なので、「彼女とキャバクラは別物じゃん」と思ってしまうタイプなのですが、やっぱりそれは少数派の意見なのでしょう。
対して、それでもキャバクラで遊びたい!そう思う男性意見もよくわかります。ですので、この記事では、キャバクラで遊んでも彼女やお嫁さんにバレない方法についてご紹介いたします!

キャバ嬢の名刺や割引券は持ち帰らないこと

キャバクラでは名刺や割引券、それからポイントカードなど様々な紙類をもらいます。
特にお嫁さんや同棲中の彼女の場合、あなたのスーツやカバンを片付けるついでに財布の中やスーツのポケットをチェックするかもしれません。ワイシャツのポケットなんてなおさらですね。
カバンの奥底や財布のポケットの中だとしても、彼女やお嫁さんが触れる場所に名刺や割引券を置いておくという時点でバレる可能性は上がってしまいます。
少しもったいないと思うかもしれませんが、割引券やポイントカード、それから名刺類も全て破棄してしまいましょう。

スマホにロックをかける

名刺類を破棄してしまうとなると、キャバ嬢たちの連絡先はスマホに登録しておく他ありません。メールアドレスや電話番号も、別の名前で登録しておけば問題ないでしょう。
しかし、連絡のやりとりはカモフラージュすることが難しいので、できるだけスマホにロックを掛けることでキャバ嬢とやりとりをしていることがバレないようにしなくてはいけません。
今までロックをかけていなかった人がいきなりスマホにロックを掛けると、勘の良い女性なら何か怪しいと思ってしまうかもしれません。ですので、スマホ関連については他にもアプリなどを利用してカモフラージュの方法を練るのがおすすめです。

SNSでキャバ嬢とつながらない

TwitterやLINE、Facebookなどでキャバ嬢と繋がる機会もあるかもしれません。ですが、できるだけSNSでキャバ嬢と繋がらないようにしましょう。LINEの場合、名前やアイコンを隠すことはできません。
彼女やお嫁さんが直接スマホの中を見なくても、SNSの通知が目に入ることがあるかもしれません。
さらに、直接メッセージのやりとりをしていなくても、自分の旦那や彼氏がSNSでキャバ嬢をフォローしていることはわかる可能性もあります。ですので、できるだけキャバ嬢との接点に気づかれるようなことはしないことがポイントです。

キャバ嬢に連絡がとれる時間帯を先に言う

キャバ嬢はお客さんに気に入られるために連絡のやりとりや営業メールを送ります。
ですので、お客さんが嫌がるようなことはしません。

「この時間はすぐに返信ができるよ」
「お嫁さんに見られる可能性があるから、連絡をくれるなら何時から何時の間にしてほしい」
など、キャバ嬢にあらかじめ連絡がほしい時間を伝えておくのも一つの手です。
キャバ嬢はお客さんとの会話をよく覚えています。
連絡がほしい時間帯を先に言っておけば、その時間帯を守って連絡をしてくれますので、お嫁さんや彼女にばれないようにするため、キャバ嬢に協力してもらうのもおすすめですね。

帰宅前に消臭スプレーをする

人は「自分の知らない匂い」に敏感です。外から帰ってきた人にはその日行った場所の匂いがしっかりと付いています。
「飲みに行ってきた」と言えば居酒屋のご飯やお酒の匂い、それからタバコの匂いなどが付いているかもしれません。キャバクラに行けばお酒の匂いはもちろん、例えばキャバ嬢の香水や化粧品の匂いなどが付いている可能性があります。それはキャバクラの中に長時間いた自分では、匂いに慣れてしまって気づかないことも多いです。
ですので、帰宅前に必ず消臭スプレーをして匂いを取っておきましょう。
匂い付きの消臭スプレーを使うと、その匂いで「家に帰る前に消臭スプレーをしてきた」ということに怪しさを感じさせてしまう可能性があるので、無臭の消臭スプレーを用意するのがおすすめです。

それでもバレたらどうする?

それでも、勘の良い女性だったらキャバクラに行っていることに勘付いてしまうかもしれません。
もしキャバクラに行っていることが彼女やお嫁さんにばれて、喧嘩などに発展したら。
その時にあなたが取るべき行動は2つ。言い訳をするか、誠心誠意謝るか、です。
その2つの方法についてご紹介していきます。

①上司に誘われて仕方なく

「上司に誘われて仕方なく・・・」
「接待相手に連れて行かれて仕方なく・・・」

このように、自分が行きたくて行ったのではなく、仕事の成り行きで仕方なくキャバクラに行ったことを伝える、という方法が挙げられます。
仕事で仕方なく、であれば許してくれる女性も多いですが、「今回だけだからね」と許してもらって次も行って、そしてそのこともバレたらどうなるか、想像に難くないですね。
また、この方法は彼女やお嫁さんとあなたの上司や仕事先に接点があれば簡単にバレてしまう可能性もあるので、その点についても注意しておきましょう。

②正直に謝り倒す

「ごめん!興味本位でつい・・・」

キャバクラに行きたくて行ったのでしたら、そのことを包み隠さずに正直に打ち明けて謝り倒すのが一番後腐れがありません。
うまくカモフラージュしたのにも関わらずバレてしまったのでしたら、その彼女やお嫁さんはとても勘の良い女性だと言えるでしょう。変に取り繕えば、さらに彼女の怒りがヒートアップしてしまう可能性も否めません。
彼女は「キャバクラに行ったこと」に怒っているのではなく、「自分に隠し事をしたこと」に対して怒っている場合もあります。
ですので、誠心誠意の気持ちで謝り倒した上で、キャバクラに行くことに関する取り決めや約束をしておく、というのもおすすめです。

まとめ

彼女やお嫁さんにバレないようにキャバクラで遊ぶ時のポイントは以下の5つです。

①キャバ嬢の名刺や割引券は持ち帰らないこと
②スマホにロックをかける
③SNSでキャバ嬢と繋がらない
④キャバ嬢に連絡がとれる時間帯を先に言う
⑤帰宅前に消臭スプレーをする

この5つを守ってキャバクラでの遊びを楽しみましょう。自分のお小遣いの範囲内でキャバクラの中で遊ぶことは決して悪いことではありません。
しかし、キャバ嬢に気が移ってしまったり、自分のお小遣いの範囲以上のお金を使ってしまうことはNGです。それらの心配があるからこそ、男性がキャバクラで遊ぶことに対して良い顔をしない彼女やお嫁さんが多いのでしょう。
キャバクラで遊ぶ時はほどほどに、そして彼女やお嫁さんのことも大切にしてあげてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!